ヒートショックプロテイン(HSP)ってなに?

 

大学発エイジングケア成分 「 ナールスゲン 」が、コラーゲンやエラスチンとともに増やしてくれるというヒートショックプロテイン

 

 

Heat Shock Protein … 略してHSP

 

最近では、テレビ番組などの美容や健康特集で取り上げられるている注目の成分ですが
まだまだ知らないっていう人の方が多いかも知れません。

 

私も、ナールスピュアを手にする前までは知りませんでしたー。

 

 

どういうものかと言うと

 

熱などのストレスを加えることにより、増えるタンパク質。
ヒトの体内に元々、存在するもので自己回復力のひとつです。

 

それから、HSPには種類があり分子量によって名前が付けられています。
この中で、肌にかかわるのがHSP47とHSP70 です。

 

と、ここまで理解しておけば充分だと思います^ ^

 

 

HSPと美肌の関係

 

HSPはカラダの中の細胞を修復させる働きを持っています。
HSP47は、コラーゲンの質を高め、肌のハリをサポートします。

 

軽い熱や多少のストレスを与えると活発になるHSP

 

このストレスは、湯温を高めに設定して入浴したり、ホットタオルを顔にのせるなどで与えることできます。
42度の熱いお風呂に10分つかるというHSP入浴法も、話題になりました。

 

 

エイジングケアにとって有効なのは、HSP47を増やすこと。

 

ナールスゲンは、HSP47を約1.3倍増加させます。
コラーゲン、エラスチン、HSP47を増加させる結果、肌弾力が改善されることがわかっています。

 

 

ストレスを与えて細胞の働きを高めるという原理は、エステやクリニックなどのレーザー治療も同様です。

 

 


>> 詳細はこちら